NEWS

ニュース

 
2021年秋公開予定の映画『宇宙の法―エローヒム編―』のティザービジュアルが解禁しました!

 
「正しき者よ、戦え。」というキャッチコピーが、見る者に迫力を感じさせます。
稲光に包まれた、宇宙の守護神・ヤイドロンの指導を受け地球防衛にあたる女戦士・ヤイザエルがまっすぐとこちらを見つめており、その強い眼差しからは、地球を護るために戦う決意を感じます。
そして、背景には巨大隕石が地球に向かって落下している様子を表しており、まさにこの星の危機を想起させる大迫力のビジュアルに仕上がりました。
果たして物語では、いったいどんな「真実」が私たちを待ち受けているのでしょうか。

 

【STORY】

今から約1億5千万年の昔、地球はすでに高度な文明が各地に存在し、宇宙人と地球人とが共存しながら生活を営んでいる美しい星であった。その繁栄の中心となっていたのが、地上に降臨した地球神エローヒムが統治するエローヒムシティであった。清らかな水路が張り巡らされた街の中心にはエローヒム宮殿が高くそびえ立ち、パングルとセラフィムという二人の女神が守護していた。
ある日、平穏な日々を送っていた地球人類に危機が訪れる。ケンタウルスβ(ベータ)星人の標的に地球が選ばれたのだ。高度な科学技術を持ち、破壊を好む彼らは、裏宇宙の使者・ダハールと手を組み、暗黒エネルギー「ダークマター」を用いた巨大隕石爆弾を地球に仕向けた。
地球の危機に立ち向かうべく、エローヒム神は自ら前線に立ち、地球を愛する戦士たちが後に続く。宇宙の守護神・ヤイドロンの指導を受けている女戦士ヤイザエルが、エローヒム神の命により、地球防衛にあたる。いて座のアモールも、「愛」と「自己犠牲の精神」を地球に伝えるべく、地球に招かれる。
はたして地球の運命は!そして、エローヒム神が説く愛と正義の教えとは――。

 

映画『宇宙の法―エローヒム編―』2021年秋公開!