NEWS

ニュース一覧 > 映画『宇宙の法―エローヒム編―』特別映像公開!

大ヒット上映中の映画『宇宙の法―エローヒム編―』のエローヒム神と、宇宙の法で語られる真実について、紹介した動画が公開となりました!
 

 
本作では、地球神エローヒムが降臨した1億5千万年前を舞台に、地球の真実の歴史が描かれています。
映画に込められた、人類へのメッセージとは何か。
 
1000億年前、大宇宙の根本仏は、3次元宇宙空間の創造を構想しました。
400億年前にはビッグバン現象が起き、3次元宇宙空間が出現。その後、惑星や恒星、星雲が誕生しました。
100億年前、「知」と「美」を進化の目標とする太陽系が誕生し、太陽、水星、金星が生まれ、46億年前には、太陽の一部が飛び出して地球が誕生しました。
6億年前、地球でのユートピア創りのために、地球の三体の惑星意識から地球霊界に招かれたのが、エル・ミオーレ。夢と愛と美と知性にあふれるユートピアを出現させた金星の統治者です。
エル・ミオーレは、名前をエル・カンターレと変えました。「うるわしき光の国、地球」という意味です。
そして4億年前、エル・カンターレは地球人類の創造を行いました。
 
エル・カンターレは、地球人類に指導者としての経験を積ませるため、他惑星から宇宙人種を招きました。
そして3億3千万年前、地球神エル・カンターレは初めて地上に降臨。その時の名は「アルファ」。
アルファ神は「地球的真理」を説き、地球生まれの地球人種と、他惑星から飛来した宇宙人種をひとつにまとめ上げました。
それから時が経ち、今から1億5千万年前。地球神エル・カンターレは、再び地上に降臨します。
その時の名が「エローヒム」。『宇宙の法―エローヒム編―』は、エローヒム神が降臨した1億5千万年前の地球が舞台です。
 
そのころには、宇宙から地球に飛来した宇宙人種もそうとうの数になっていたため、価値観は多様で複雑になっていました。
地球侵略を狙う宇宙からの勢力に対し、エローヒム神は、地球を護ろうとする人々や宇宙からの義勇軍を率いて、自ら前線に立ちます。
人類の危機の時代にエローヒム神が降臨され、地球的正義が打ち立てられた時代。
これが、1億5千万年前に起きた、真実の地球史です。
 
映画『宇宙の法ーエローヒム編ー』、この物語は、1億5千万年前だけに起きたことではありません。姿を変えて、現在の地球にも起きていることです。
この、地球の真実の歴史と、いまを生きる私たちへの、地球神からのメッセージを、劇場にて受け止めてください。
 
劇場にてお待ちしています!

映画『宇宙の法―エローヒム編―』大ヒット上映中!